GoogleMapsAPIの登録方法とは

###Site Name###

Googleが提供するGoogleMapsAPIを用いれば、ウェブページに地図を表示させることができます。
APIを用いない場合の埋め込み型地図とは異なり、コントローラの調整やマーカー・吹き出しの配置など機能が多く使えるという利点があります。

GoogleMapsAPIを利用するためには、APIキーは必須ではないのですが、使用することで非常に多くの情報を閲覧することができます。
APIキーの登録のために必要なことは、googleアカウントの用意、google Developers Consoleへのアクセス、プロジェクトの作成などがあります、まず、googleアカウントを作成したのちに、開発者向けの管理画面であるGoogle Developers Consoleにアクセスし、プロジェクトの作成を選びます。

GoogleMapsAPI プレミアムに有益な情報の紹介です。

適当な名前を付けたのち、そのプロジェクトを選択し、GoogleMapsAPIを有効にします。

最後に、認証情報から、「公開APIへのアクセス」を選択すれば新しいAPIキーを作成することができます。

これで、APIキーの登録は完了です。



次にGoogleMapsを使用したい、自身のサイトやブログなどに登録したAPIキーを埋め込みます。
GoogleMapsAPIを使用するためにはJavasprictが必要です。
XHTMLでもHTML5でも基本的には同様の方法で、埋め込みたいURLの最後にkey=という部分があるので、そこに登録したAPIキーを入れるだけです。

共同通信社にはこちらのサイトが最適です。

このように簡単にGoogleMapsAPIは埋め込むことができるので、一度使用してみてはいかがでしょうか。