日本における自然葬の割合とは

日本において自然葬を望む声は、年々増加傾向にあります。

とある団体が葬送方法の意識調査の中で散骨に対してアンケートを行った結果、1990年度に実施した際には「散骨を葬送方法の一つとして認める」と回答した人が21.9%でした。

しかし1998年には74.6%となり、2003年には78.3%となっています。

認めるのみならず、自分自身についても希望するとしている人は、1998年の12.8%に対し、2003年度は25.3%にまで増えています。
20歳以上の男女を対象としたアンケートであったため、アンケートに回答した人には今でも現世で活躍している人が多いでしょう。

にもかかわらず自然葬を希望した故人が多いことで自然葬が増加しているのですから、これから先更に増加することは容易に予想できます。



キリスト教の脅威や人々を管理するという意味合いから、江戸時代に檀家制度が設けられ地縁や血縁基づいた墓が設置されるようになりました。

その墓を長子が継承する形を取ってきた日本ですが、核家族化や合理性を追求する現在に適合しなくなっているのは事実です。

千葉の樹木葬の信頼できる情報をまとめたサイトです。

また「自然に還る」という哲学的な面も主張できる自由さが根付いています。
家のしがらみにとらわれることなく、自然葬が選択できる世の中になってきたということでしょう。



散骨に関しても法律の厳守や地域住民とのトラブルを避けることを前提とし、海に撒くのか、野山に撒くのか、宇宙に旅立つのか、その選択肢も増えています。