GoogleMapsAPIの登録作業って難しい

###Site Name###

Googleが提供する地図を利用可能としてくれるGoogleMapsAPIですが、実は登録作業などを一切行うこともなく、そのデータを利用することは可能です。
ただ簡単な登録作業を行うことでより詳細なデータ処理などを行うことができますし、1日のアクセス数が多くないサイトであれば私用・商用問わずに無料で利用可能なため、登録作業をすることがおすすめです。

また、大きな手間暇は一切かかりません。


登録作業のために必要となるのは「Googleアカウント」です。



アカウントを登録することで、GoogleMapsAPIのAPIキーを発行して貰うことが可能です。

このキーをアカウントごとに発行して貰うことにより、反対に「このキーを使って表示したデータを、どれだけの人が閲覧したか?」といった統計データを参照することが実現できます。
またこの時、表示させるWEBサイトなどを紐づけておくことで、悪意を持った第三者から不正な行為などを防止できるので、必ず設定しておきましょう。



入手したAPIキーさえあれば、後は自分の管理するWEBサイト側に関する作業が基本となります。


サイトのHTMLファイルに、GoogleMapsAPIを読み込ませるためのjava scriptを記述し、その後は用途に応じた記述をHTMLやphpに書き込むことで実現できます。



マーカーを配置したり、特定の場所に線を付けたり配色したり、といった地図としての利用は勿論のこと、遊びの要素を持たせることなど、創意工夫が可能なのです。